理想的な庭|ネットで植木屋の人気度を調査~庭木に剪定は必要不可欠~

庭木を綺麗に保つには剪定が重要!定期的なお手入れ

綺麗な庭を保つために必要な作業

幾ら綺麗な季節のお花を咲かせても綺麗なお庭ではないのです。綺麗な庭を保つ為には日々のお手入れが欠かせん。まずは、雑草駆除が基本になります。雑草にも大きく分けて2種類有り、根が広がることにより繁茂する雑草と種が飛んできて繁茂する雑草です。根で広がる雑草はクローバー、ヨモギ、セリがこれにあたります、これは根から抜くか枯らすかしないとどうしようもありません。種で広がる雑草はスズナ、イヌビエ、スズメノカタビラがこれにあたります、種を作るまでに刈り取ってしまえば問題ありません。特に春から夏にかけては成長が早いので注意が必要です。秋から冬は落ち葉や枯葉の処理と剪定をします。春から夏にかけて大きく育った樹木をほって置くと見た目も良くないですし、お庭も痛めかねません。お庭を守る為にも剪定は大事な作業なのです。

剪定の依頼が多い庭木の種類・ベスト5

no.1

1位シマトネリコ

シマトネリコは、樹木自体が丈夫で育てやすい常緑樹です。都市部でも5~6mぐらいには育てる事が出来ます。樹形も美しく、洋風・和風どちらの住宅にも合わせやすくシンボルツリーとして人気です。5月には花を咲かせます。

no.2

2位ハナミズキ

ハナミズキは、寒さには強いが乾燥には弱いですが、樹木自体は丈夫で育てやすい落葉樹です。夏場の日当たりが良すぎる所だと株元にワラなどを引いたりして乾燥を防ぐ必要がありますが、植える時に場所さえ気にしておけば問題ありません。春には白やピンクの花を咲かし、夏には緑の葉を秋には紅葉と実をつけ冬には落葉する、季節を感じられる樹木です。

no.3

3位シラカシ

シラカシは、耐陰性があり潮風が当たっても育つ程樹木自体が丈夫な常緑樹です。寒さにも強いうえ病害虫も少なく防風林にも良く使われる樹木で目隠しにちょうど良い樹木です。秋にはどんぐりが出来ます。単体で植えると10m以上になりますが、樹木同士の感覚を狭めて植えるとそこまで大きくはなりません。

no.4

4位オリーブ

オリーブは、葉の表側がツヤのある深緑で裏側が白っぽい緑になっている常緑樹です。オリーブ自体乾燥には強いのですが、水分不足になると葉を黄色にして落とします。大きくなると強風で枝が折れたりするので剪定が必要です。5月には花を咲かせますが、実をつけるには品種の違う木を植える必要があります。

no.5

5位ライラック

ライラックは、寒さには強いのですが、西日には弱い落葉樹です。西日に大変弱い為、植える場所には注意が必要です。4月ごろに花を咲かせ開花時間も長く、芳香も良いため香水の原料にされるほどです。萌芽力が弱いので剪定が必要です。

理想的な庭

作業員

業者へ依頼するメリット

やはり業者に依頼する一番のメリットは美しさです。これはプロと素人では確実に差が出ますね。庭木といえども外から見える事もありますし、これから育った後の事も考えて剪定してくれます。下記では、業者に依頼するメリットについて挙げています。
・時間の短縮
・安全性
・後処理

業者へ依頼した場合の剪定にかかる費用や相場

まずは見積もりをしてもらわない事には始まりません。見積もりは無料のところが多いようですが、気をつけて欲しいのが見積もり後のキャンセル料金が発生する業者さんがありますので気をつけてください。後は出張料も掛かるのか確認しておいたほうが良いです。それによって費用が大きく変わりますので見積もりに来てもらう前に確認しておいた方がトラブルにならなくて良いですよ。剪定自体は基本1本いくらといった計算を行います。庭木の1本の剪定料金の相場は最低金額が500円から1000円の間で、大きさによって価格が上がります。

依頼の申し込み方法

どの業者さんも電話が支流ですが、勿論メールでも受け付けているところは沢山あります。内容なのですが、下記の事ぐらいはまとめておけばスムーズに申し込めます。

広告募集中